責任設計 責任施工



巷でよく耳にする「責任設計 責任施工」
非常に大事な事だと思います。

ただ、イメージばかり先行して形にならない事が多々ある様に思います…


何故なら、立体の形状を正面から見た図・横から見た図・上から見た図を平面に描いた図面数枚で表す為、
どうしても立体になった時思いもよらないところが破綻してしまうのです。
コレは立体的に図面を描けば解消されるのですが、
立体のイメージがかなり出来てないと、
中々描けないものです。

今回は階段の側板加工の中でも、
1番ややこしい3段廻り(階段で90度廻る場所)なんですが、
コレを特殊な形状で収めたい為、
わざわざ3段廻りの側板の図面を描かれて、
こんな風に加工出来ますか?と問合せを頂きました。(^^)




もしご自宅の階段に90度廻る部分があれば、
確認して頂ければ幸いですが、
通常段鼻(踏み板の先端)が柱の真ん中にいるか、
蹴込み(下の段と上の段の立ち上がり部)が柱の真ん中にいるのが普通ですが、
今回は3段廻りの1段目が飛び出した形状です。




それをわざわざご自分で、
この複雑な収まりを図面化されたなら、
お断りする理由がありません!!
後はクサビで踏板をとめれる様に少し図面を変更させて頂き、




加工スタート!!




後は現場で図面のイメージ通り収まってくれれば、
これこそが本当の責任設計 責任施工だなと思う瞬間でした!!(^^)

 お目に止まればクリックお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

広島ブログ


     
ハンドメイドブログ

ページの先頭へ戻る

はぶてる



地元広島の言葉で「はぶてる」という方言があります。

簡単に説明すれば、「スネる」って感じですかね…

昨日夕方、機械が「はぶて」ました…:(;゙゚'ω゚'):


基本機械は、油と電気を与えてると「はぶてる」事はないのですが…!!( ´Д`)y━・~~





緑の油のプロと黄色の電気のプロに来てもらってなんとか機嫌を直してもらいました!!


これでまた頑張ってくれると思います!!(^^)

 お目に止まればクリックお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

広島ブログ


     
ハンドメイドブログ

ページの先頭へ戻る
| 1/315PAGES | >>

ページの先頭へ戻る