花車の車輪製作 胴輪再制作 その前に…



さて弊社に出戻りした車輪…
見るも無残な形になってました…
今回はかなり乾燥した欅で胴輪を作り直すことになりましたが、
一度作った車輪に使用された材料が材料だけに、今の現状が把握できないと
単純に前回作ったものと同じで良いか判らない…
先ずは、工房から後輪2台持ってきてもらい現状確認…

取り敢えず胴輪をなんとか外し…





意味もなく割れを測ってみると
言われていた通り2儻を空けていました…







取り敢えず正常な胴輪と同寸でべニアを丸く抜き
あてがって全体の歪をみてみました。






割れた胴輪は完全な生材だったのでしょうがないとして他のパーツを見ると…
流石の半生材…
完全に狂いまくっていました…(/_;)

この状態では、嵌っていた場所が変わると嵌らなくなるので
すべてのパーツに番号を書き…






収まる位置がわかるように番号を書いて
恐る恐る各パーツを外しながら狂って干渉する所を
チェック!!






どうも触った感じがおかしいな?と
直角定規当ててみると…





なんじゃこりゃ!!(@_@;)
これだけ直角が狂ってると再度組める訳が無い…
すべての材料を新しい物にすればいいのですが、
予算の関係もありそこまではできない…

半生材を選択され、すべての責任を取ると仰ってた方は…
もう姿すら見せない…
何処にぶつけて良いのか判らない疲労感…
言っててもどうにもならないので、パーツの再加工からスタート…(/_;)

取り敢えず小羽のひし形に変形した穴をさらい直し






ひし形になったホゾはノミやサンダーで若干削り
また組めるように微調整していったのでした…


つづく

 

 お目に止まればクリックお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

広島ブログ


     
ハンドメイドブログ

ページの先頭へ戻る

花車の車輪製作 車輪引渡し後…





材料の状況はどうであれ、一応組上げた後輪2台と前輪1台
持ち帰られた工房に置かれていたのですが…



数か月後、絵師の方から突然の電話が…
「言われた通り、日に当てず工房の中に保管していたが、胴輪が割れて2?ぐらい口を空けてしまった。
それを、あの人が鎹を打って無理矢理補修すると言っているんだが、それで良いだろうか?」と…












弊社としても

「言ったでしょ??あの材料を使うと後々大変な事になるって…」
「もうそれは言わないで、もう一人の方が全責任を持って選んだ材料だからしょうがない…」
「取り敢えずまだまだ材料が動こうとしてるのに、無理矢理その割れだけを固定してしまったら、他の部分に歪がよって別の場所が割れるから結局作り変えるしか方法はないですよ…」

「実は、布をかけて隠していたが…花車の進行状況を視察に来られた製作委員会の方々に見られて、これは…って言われてしまってるので、やっぱり作り変えるしかないか…」
って事で再度胴輪を作り直し決定!!(*_*)



さて材料をどうするか??と考えていると、絵師の方が本物の宮大工さんを知っているので、その人に相談する…
って??マジっすか!!\(◎o◎)/!



「なんで本物の宮大工さん知ってるならその方に製作依頼しなかったんですか!!

本物の宮大工さんなら材料選びからあんな事、こんな事にはならなかったのに…」
「この二人で花車の製作をやってほしいと言われたから…」

って言っても後の祭り…



とか言ってる間に、本物の宮大工さんから「関西方面で丁度良い寸法のしっかり乾いた欅を見つけた」と連絡が…
絵師の方、間髪入れずに「買った!!」(@_@;)

後日弊社に小口便で到着!!






ありゃ??穴があるぞ!!って事で
差し金を入れてみると…









結構入るぞ…(@_@;)



絵師の方に電話連絡すると
「寸法的にも丁度良い出物だからこれを逃すともう出てこないかもしれないので、現状把握せず購入決定した…」

その事を宮大工さんに絵師の方が連絡
すると速攻現物を見に来てくれました。
そこで「どうする?返品するか??」絵師の方と話してましたが、
「今まで一緒にやってきた方が、先日山陰の方で10数年乾かした別口を見つけてるらしいから、それも買う!!」
って事になり一緒にやってきた方ににすぐ電話!!

すると

「もう売れたそうな…」
「・・・・チーン」( ̄◇ ̄;)



色々言いたい事はありましたが、弊社としてもここまで来たら完全に乗りかかった船状態
これを補修して使って胴輪を作ろう
って事になりました。



つづく










 

 お目に止まればクリックお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

広島ブログ


     
ハンドメイドブログ

ページの先頭へ戻る

花車の車輪製作 後輪パーツ引渡し その後…





無理矢理、組上げた車輪をお引き取りいただいた後、

どうにも気になるから、無事に着いたのか確認の電話をしながら、



ここまでの話の流れから、いろんな意味で気になったので、最初の見積もり(パーツを抜くだけ)より

追加加工や微調整や組上げ代がかかっているけどと伺うと、

案の定、昔工務店やってた方が

「最初に見積りしているじゃないか!!」と…\(◎o◎)/!

「途中何度も言いましたが、パーツを抜くだけで後はそちらで加工や微調整や組上げはされるという条件でお見積りを出してほしい

とおっしゃられましたよね?だから、それ以外は見積り外の追加加工だと…」と言っても

「最初に見積りしている」と問答無用で聞く耳持たない…



ダメ元で、相方の絵師の方に相談…

するとこの方は筋の通った方で、

「今まで木材や木材加工については素人同然だから黙って打合せも聞いていただけだったが、

確かに形を抜いてくれたら、後はすべて自分でやると言って見積りをしてもらったし、

作業途中ここからは追加加工になると言われていたのも聞いている。

だからここからは自分が責任をもってやっていくから、心配しないでいい」と仰っていただきました!!



詳しく話を伺うと今回の花車の製作の責任者だとわかりました。

そしてもっとビックリしたのが、10月10日が祭りだから早く作って欲しいと言われてましたが…

実は来年…
 
要は一年以上時間がある事と地元の大きな木材会社の会長が氏子にいらっしゃる事がわかりました…(+_+)



「それだけ時間があれば、半生材をもう少し乾燥させる事も出来ただろうし

仮にその木材会社の会長さんに一言相談しとけば…」

と言っても後の祭り…



「取り敢えず前輪を造るようにして、組上げまでやって下さい!!」って事に…



しかし、残りの材料の状態が…



「あの人が選んだのだから、責任はあの人に取らせるからその材を使ってください!!」



取り敢えず後輪と同じ順序で櫛形→小羽→矢骨→胴輪の順番で製作!!

ただし、前輪は直径が1.3メーターなので矢骨も短く胴輪接合部の矢骨どうしのクリアランスも殆どない為

特殊な細工を櫛形に施し組上げが出来るように加工しました!!(^^)



ただ超生材だった胴輪部の丸太…

すでに最悪の状態でした…(+o+)


























加工する側からするとかなり残念な状態でしたが

それでも何とか前輪を組上げ、絵師の方の軽トラに積んで引き取っていただきました。



つづく

 お目に止まればクリックお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

広島ブログ


     
ハンドメイドブログ

ページの先頭へ戻る

花車の車輪製作 後輪パーツ引渡し!!





さて、仮組まで済ませた後輪のパーツ先方さんで組んでもらう為、「出来ました!!!(^^)!」と連絡したら…



「組むのはそこで組んで組み上がったものを持って帰る!!」と…

「えっと?? それは僕らが組んで出来たのを持って帰るって事ですか??」と伺うと…

「私達も手伝うから!!」って…


「それじゃあ組上げも追加ですね!!」というと

終始無言…

「じゃあ都合が合う日に行くから…」って事になりました…



弊社で組上げもやるという事なら、組み易い様に治具まで作り…

組上げ当日、昔取った何とやらで、木鎚と車輪を締める為の荷締機のみ持参されました。









絵師の方は終始ビデオ撮影!!











途中半生材を使用している為

すでに出た材の狂いに、すり鋸入れたり

サンダーで少し削ったりする事

数時間…









何とか無事、後輪2台組み上がりました!! !(^^)!







さて、この車輪写真ではわかりにくいですが、

直径が約1.7メーターで、車輪の厚みが11センチ

大人数人いないと持てない代物…



軽トラで来られたお2人に

「どうやって持って帰られるのですか?」と問いかけると

「トラックが廻ってもらえるよう手配している」との事…



そうするうちに引取りに廻ってこられたトラックが…

丸太を積んでる!! \(◎o◎)/!



これに積めって事で、渋々積みました…(+_+)











この時、昔工務店をやられていた方が、

「木材や加工の事はわしがすべてわかるから何かあったらわしに相談してくれ」と言われていたので

打ち合わせも、相談もすべてこの方にしていましたが、一抹の不安を覚え相方の絵師の方に

「こんな運び方したら接合部が揺れて、折角組上げた車輪が台無しになりますよ」と告げると

「私もそう思っているんだが、あの方が聞く耳持たん…」と言われて一路お二方の工房まで車輪が運ばれて

行ったのでした…



つづく

 お目に止まればクリックお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

広島ブログ


     
ハンドメイドブログ

ページの先頭へ戻る

花車の車輪製作 後輪各パーツ完成!!


さて、打ち合わせ&見積りで指定されたところまで、
花車の後輪の各パーツが完成したので「後輪のパーツが出来ました!!」と連絡をしたところ、
お2人揃って来社してくれました。

そこで、出来たパーツの確認の為
いくつか組んで見せました!!(^^)









そうこうしてると、パーツを作ってくれたら、後はすべて自分で細工するって言われていた
昔工務店をやってた方が…

「色々な面加工があるから面加工や、ノミつきも出来ないか?」って
\(◎o◎)/!
「出来ない事はないよ」と伝えるとやってほしい…
「矢骨に関してはこんな感じの面が…」って三次元の面を付けてほしい言ってきた…(^_^;)
「出来ない事はないけどそれなら最初から言ってくれれば、NCに乗せた時一度に出来たのに、2度手間ですよ!!」
というと、笑っているだけ…

しょうがないから細かい細工や、
生材の為、割れてきた胴輪の補修も追加加工する事に…




入隅部にノミうって…
ここは2分の面こっちは1分の面って言いながら…





矢骨は再度NCに乗せ…
三次元の面加工…




胴輪にはいろいろ手を変え品を変え割れを補修…してみたものの…




ここまでやれば各パーツの状態を見極める為に仮組…




胴輪が入りそうか先ずは確認!!




何とかなりそうなので、矢骨を大至急細工し…
掛合で打ちながら…仮組




横から均等に叩かないと入らないぐらいのクリアランスで…







無事胴輪がはまりました!!  !(^^)!






何とか無事仮組終了!!

後はバラして引き渡すだけ!
造った側からするとホッとした瞬間でした!!(^^)

つづく

 お目に止まればクリックお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

広島ブログ


     
ハンドメイドブログ

ページの先頭へ戻る

花車の車輪製作 胴輪編


さて、色々問題を抱えたまま受けてしまった花車の車輪加工…

車輪の中心部、胴輪の加工はじめました。

取りあえず汁が滴るような新鮮な樫材の丸太を
チェーンソーで必要寸法より少し大きめにカット!!





それをNCに乗っけて、先ずは厚みを調整しながら…





丸く抜きそのまま矢骨をが入るホゾ加工!!





矢骨21本分のホゾを360度均等割りで空けました!!





写真で見てもお分かりのように余りに新鮮な材の為
加工している最中に材の表面が乾燥し…
割れが入るので、加工終了次第すぐに鉄工所に持っていき
輪金を装着!!





これで割れが多少でも抑えられれば…
と願うのでした…

つづく




 

 お目に止まればクリックお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

広島ブログ


     
ハンドメイドブログ

ページの先頭へ戻る

花車の車輪製作 後輪 櫛形・子羽・矢骨編



取り敢えず、時間が無いし自分が選別した材だから、後は何があっても工務店をやっていた方が責任を取るって事なので…

加工してもダメなの承知で加工スタート!!



選別支給された半生の材が、今後どう変形するか未知の世界なので、車輪の外側から加工していき、
 
最終的に中心部の胴輪で調整して、無理矢理左右の車輪のバランスを合わそうって事で、一番外側「櫛形」から加工!!



実は前出の蒔絵師の方、結構な発明家でこの車輪を造るに当たり色んな事を考えていて、

その一つがこの櫛形にも発明器具が入るように加工の指示を頂きました。










小羽や矢骨のホゾ穴を空ける事、左右合わせて14個

子羽も同様14個作って…

取り敢えず合体!!









NCで抜くため入隅部には刃物のRが残るのですが、細かい細工はすべて先方さんがされるとの事でしたので

そのままにしてましたが…
 
一応合うかどうか確認する為、ノミ打って嵌めてみると…



櫛形と子羽がぴったんこ!!(^^)









これならOKでしょ!!って事で続いて

矢骨加工!!









角材のせてホゾの雄加工!!

こいつは車輪の外側の櫛形・子羽の内側のRと車輪中心胴輪の外側のRを付けなければいけないので

プログラムがややこし〜(^_^;)









片側21本づつ、左右合わせて42本

微妙にですが刃物を真横よりさらに傾けて加工しました!!(^^)



こうして出来たパーツを改めて仮組!!







取り敢えず、先方さんのやりたかったであろうノミつきを

櫛形3個ほどこちらでやらせていただいて…



櫛形・子羽・矢骨を組んでみました!!

かなりいい感じのクリアランスだったので、次の胴輪加工に移るのでした…



つづく
 

 お目に止まればクリックお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

広島ブログ


     
ハンドメイドブログ

ページの先頭へ戻る

花車の車輪製作 序章


先日、地元地方紙に取り上げられた広島東照宮 400年祭に使用される花車の車輪を造らせていただいた時の事を
書いていこうかと思います。

今となっては笑い話にしかなりませんが…

あれは、一昨年の暮れだったか去年の年明けだったか…
地元の木材商数社から「木材で花車を造りたい方がいるが、その長柄と車輪を造るのに、加工はどこでも出来ないから紹介しても良いか?」という電話から始まりました。

「先ずはどんな物を造るのか伺わないと出来るかどうかわからない」と告げると
後日、広島藩 広島東照宮400年祭 通りお祭礼 石引薹花車新造 チームの代表のとして
昔工務店をやっておられた方と絵師のお二方に来社いただきました。

昔、工務店をやっておられた方曰く、「木材の目利きも出来るので、車輪は樫材で選別した物を持ち込み、長柄は桧で、良い材料を山で選別して切っているから、長柄の捩じれと車輪のパーツの形を抜くだけの加工をしてくれれば、後は、自分で色々細工をして組付けするから」というお話でした。





弊社としても形を抜くだけなら加工できるので加工させて頂く事にしました。
それから長柄や車輪のパーツの図面を製作し、各パーツの必要寸法を出し、支給していただける材料の寸法を指定すると…
後日、製材が出来たから納入すると連絡を頂きました。

それがまあなんと…まだ反乾きの材!!
胴輪に使う材に至っては、昨日までカラスが止まっていたぐらい新鮮!!
\(◎o◎)/!

長柄の材は??と伺うと先日山で切ってもらったから、近くの木材専用乾燥機を持っている所で、乾燥機に入れたばかりだとか…
「山で切ってすぐの材料を間髪入れずに人工乾燥機に入れるとバリバリに割れますよ!!」とお伝えしましたが、
「自分が選別した木だからそんなことはない。」と言われました…

流石にこれほど新鮮な材料を加工しては、後々大変な事になるから「この材じゃ加工してもダメだ!!」とお伝えしましたが、
「自分が選んだ材料だから問題ない、何かあれば自分で直すから加工してくれ!!」の一点張り…
とどめに「10月10日の祭りには要るから、塗装する時間まで考えるとすぐに加工はじめてもらわないと間に合わない!!」
と言われました…
この時点で3月中頃だったので、確かに逆算すると加工し始めないと間に合わない…
ただこの材料をそのまま使うと必ず問題が起こる!!
仕方ないから先ず粗寸法に四方加工して、桟木を入れて少しでも乾燥し易い様にしました。

その後、天然乾燥をさせ始めた頃にまたまた悲報が…
「長柄に使用する為に人工乾燥機に入れていた桧が、バリバリに割れている…
だから、長柄は昔工務店をやっていた方が手加工で作る!!」って\(◎o◎)/!

だから言わんこっちゃない!!
とはいっても先方が選別された材なのでこちらとしてもこれ以上言いようがないし、自分は木が判るし何でも加工が出来るって言ってたからお任せするしかない…(+_+)

仕方がないから、車輪の加工をし始める事にしました…

つづく

 お目に止まればクリックお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

広島ブログ


     
ハンドメイドブログ

ページの先頭へ戻る

花車の試し引きが地元新聞に掲載されてました!!(^^)



昨年製作した花車の車輪が試験引きでスムーズに回ったと先日の地元地方紙に掲載されました!!(^^)




そろそろこの加工の流れをUPしても良いかなぁ〜〜(^^)

 お目に止まればクリックお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

広島ブログ


     
ハンドメイドブログ

ページの先頭へ戻る

freshな材料…



木材は乾燥させてる間に寸法が変わったり捻ったりします。
だから木材屋さんは、土間に木材を積み上げ風を通し長い時間をかけ乾燥させて世に出します。

今日入って来た緩衝材の加工…
親方が、「これどうするんや!!」
って言うから、
「厚みだけ削ってから加工する」って伝えて別の加工をしていたら…
バリバリバリ…
とても新鮮な材を削ってしまってる!?(゚Д゚)

「こりゃまだNCで430φの半丸と220丸を抜いて、それの接合加工せにゃいけんのに新鮮過ぎる材じゃけぇ先に加工しないとNC加工出来なくなる〜」って事態に…(^^;;

兎に角プログラム直ぐ作って、NCに乗せて急いで430φの半丸加工!!




続けて、220φ加工〜




夕方何とかNC加工も終了しホッとした束の間…

「新鮮過ぎる材じゃ明日になったら材料の寸法が変わって組めないかも」って〜

急遽ダボ打って仮組み〜




半丸を2枚合わせて430φにした時合わせた所に段が出来るとぶさいくだと言う事でビスケットも入れて…




220φを打ちつけて、取り敢えず仮組み終了〜!!






乾いていく内にどれぐらい寸法が変わるのか?
それはもう木の向くままです〜(笑)

 お目に止まればクリックお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

広島ブログ


     
ハンドメイドブログ

ページの先頭へ戻る
<< | 2/4PAGES | >>

ページの先頭へ戻る